私が風俗で稼ぐことを思い立った体験談について

私が風俗で稼ぐことを思い立った体験談について

私は、21歳の大学生でしたが、家庭環境はあまり恵まれておらず、家計が厳しい中での進学を選択しました。私には兄が居ましたが兄は、家庭の経済状況のことを考えてすぐに工業高校を出てから働く形になりました。

私は、親が非常に気にかけてくれる形になり、せめて、大学さへ出れば良い男性と巡り会うことができるのでは無いかと思い、家庭の経済状況が厳しい中でも私を私立大学に送り出してくれる形になりました。私としましても、家庭環境が厳しい状況でも何としても、大学を出て親孝行して、素敵なハイステータスな男性と巡り会うことを目標に、私立の大学に通い始めました。

ところが親が出してくれたのは必要最低限の学費だけでアルバイトを掛け持ちしながらでないと単身先のマンションの家賃も払えないような形でした。

このままでは学業も疎かになっていく一方で、日々アルバイトに追われる生活で私の心は荒んでいくような形になっておりました。

「何のために大学に来たんだろう?アルバイト掛け持ちするため?働くために大学に行ってるの?」

と、自問自答の毎日でした。そこから、疲れはてていく自分の中で、ある日、教室で、ボーッとアルバイトのことを考えながら頬杖をついておりましたら、この前まで凄くダサかった子が、同一人物とは思えないようなきらびやかで派手な格好をしていたのです!私は、思わず我に帰ってその子に話し掛けました。「どしたん?服めっちゃ綺麗な服着てるじゃん!バックとかそれってブランド物じゃないの?」と話しかけましたら、クラスの子は、「そうだよ♪まとまったお金が入ったから全部一括で買っちゃったの!どう羨ましいw?」って感じで話してくれたので、私は、その子にたいして「ねえねえ!どうやって稼いだの!どうしたの?」と聞くと彼女の口から出た答えは夜のお仕事でした。

風俗?そのキーワードが私の頭の中を巡りました。

風俗と言えば、キャバクラとかヘルス?とかソープ?と言う形でしか認識していませんでした。風俗と聞いて思ったのは、大丈夫かな?と言う思いであったのですが、彼女から出たことばは「柳川さんに色々と風俗の話を聞けばよいよ」と言った内容でした。

稼ぐことを意識していた私は、その日から柳川さんのサイトを見て勉強しました。風俗で稼げた額って?風俗はどんな感じ稼げる?最初に稼ぐと思って風俗に飛び込んだか、稼ぐ方法や稼ぐ手法についてとにかく聞きました。

■ 勉強になったサイト
梅田の風俗アルバイト

私が風俗で稼ぐことを知って取った行動について

私が、大学構内のクラスメイトから風俗の話しを聞き、稼ぐ手段がここにあったんだと驚愕した瞬間でもありました。

風俗で稼ぐと言うことは恥ずかしいことなのかな?とちょっぴり思ったりもしましたが、風俗で稼ぐ、風俗で稼ぐことを意識して稼げている方がすぐ側にいる安心感から私も風俗で稼ぐ強い志をもらうことができました。散々クラスメイトに風俗のことを聞きまくって私が最初に実践したことは、その友達に一緒に勤務先へ連れて行って頂くことでした。勤務先に行けば何かつかめるかもしれないと行った先は、ヘルスでした。

その友達は、最高月で50万位稼いだ!と言ってたのです!これはもう信じられなくて、簡単にお店でお話とかを聞いたのですが、人によってはごく稀ですが、手を握っているだけとか、おさわりだけで済んだりすることもあって、中には話すだけで満足して帰られる方も稀に居られると言うことでした。

また、凄く稀なお客様の中では、マッサージと手でシゴクだけで満足して帰ってくれるお客様もいるし、下着だけで、鑑賞してそのまま抜いて帰られるお客様も居られると言うことでしたので、そんなキツイお客さんばかりではないんだと言う安心感を得ました。口でご奉仕することは、何となくアダルト等で見てやり方はわかってましたので、本番が無いんであれば最高のお仕事ではないかと思い、風俗で稼ぐ!と決めました。そこから私の生活は大きく変わり、アルバイトだらけの生活を送らずに済むようになりました。それで勉学にも専念できて、良い成績を取得し始めることができました。

これも全て風俗をおしえてくれた柳川さんのお陰であると思っております。

今ではすっかり板についてヘルスで勤務をさせて頂いております。思っている程変なお客さんとか全然いないので、大学生で金銭的に困られている方にとってはうってつけのお仕事であると思います。

お金に悩んでる方は、梅田ではなく「松島新地」もオススメですね。こちらも柳川さんのサイトですが、松島新地の求人情報が大変参考になります。

■ 参考になったサイト
松島新地の求人・アルバイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です