女に生まれて良かった!ソープで働いてみると楽に大金を稼げた

高校を卒業して事務職に就きました。残業がほとんどないのは良かったのですが、とにかく給料が安くて刺激のない生活を送っていました。人間関係に悩んで約3年で退職し、複数のアルバイトをしながら生活していました。

休日に繁華街に買い物に行った時に風俗店が目に留まりました。以前からこういう業界に興味はあったのですが、綺麗な外観だったので余計に働いてみたいと思いました。

自宅に帰って早速風俗の求人を見るとその多さに驚きました。まずはお店探しよりどの業種で働くかを考えました。やるなら稼げる方が良いと思い、稼げそうなソープとデリヘルの2つに絞られました。

店舗数は圧倒的にデリヘルの方が多くてソープは地域が限定されています。どちらで働くか相当迷いましたが、実店舗の方が何かと楽だしソープの方が安定して稼げると判断し決断しました。

幾つか良いと思ったお店をピックアップして検討し、最終的には高級店のソープに決めました。容姿が平均的でスタイルにも自信がなかったので、面接では不安でしたが採用されました。

採用の3日後から出勤することになりましたが、この時間は色々考えることがありました。まず私が風俗の仕事に向いているかという点です。お金の欲しさと勢いで応募し採用された形ですが、何度もやっぱり辞めようと思いました。

しかしこのままバイト生活をしても平凡な暮らしからは抜け出せないと思い覚悟を決めました。もしも向いてなければすぐに辞めれば良いと開き直りました。

出勤前日の夜は緊張のせいでほとんど眠ることができません。かなり緊張した状態でお店に到着すると簡単な研修を行いそのまま勤務が開始になりました。早速新人好きなお客様に指名されて、いよいよ私の風俗デビューになります。どんなお客さんか対面までドキドキでしたが、とても紳士的な方で会った瞬間に少しリラックスできました。

ソープの仕事は想像以上に楽しくて稼げました

私が風俗業界で頑張ることができたのは最初のお客様のおかげかもしれません。とにかく優しい方で、プレイ中は常に不慣れな私を気遣ってくれました。そしてこの方は最初の常連さんになってくれました。

回数を重ねるに連れて自信にもなり、余裕が出てくると仕事を楽しむことができました。楽しく仕事ができてこれだけのお給料を貰えるなんて天職だと思います。お給料は日給なんですが3日間働いただけで、今までの一ヶ月分の給料を超えました。

こんなに風俗の仕事が儲かるのなら、高校を卒業したと同時に始めておけば良かったと少し後悔するほどです。そして生活は大きく変わりました。安いアパート暮らしから家賃が10万円以上するマンションに引っ越し、欲しかった服なども思い通りに買えるようになります。今までは貯金をする余裕がなかったのですが、毎月10万円程度貯金できるようになりました。

いつまで風俗で働けるか分からないので、やはり貯金はしておこうと思っています。現在のお店は環境が良くて気に入ってますが、もっと良いお店があれば移籍も検討します。お店の女の子と仲良くなったので色々業界の話を聞かせてもらいました。ほとんどのジャンルで働いた経験のあるベテランさんの話によると、流行っているデリヘルは今のお店以上に稼げるとのことです。

でも暫くはここで頑張るのが良いと考えてます。良いお客さんが多くて楽しみながら簡単に月に100万円以上稼げますからね。出勤を増やせばもっと稼げますが、他にもやりたいことがあるので週に何回かの勤務にしています。こうやって風俗で簡単に稼げることを考えると女性に生まれて良かったと実感します。抵抗があったのも最初だけでしたね。

少しでも興味がある人やお金が欲しいという人は、試しに働いてみると良いです。ほとんどの人は簡単に稼げることに喜びを感じて長期的に働くことになると思いますよ。

容姿やスタイルは大切?ぽっちゃりフツメンの私が風俗で働いた感想

実は、私自身は風俗でバイトをしていますが、其の業種というのは風俗でもデリヘルでになります。 風俗の関係でデリヘルというのは、今現在では最も人気のある種類として上げられるとされています。 此れはデリヘルで働く私達女性に関しても言えることでしょうが、実はお客の男性にも言えることでしょう。

このようなデリヘルは、どちらかとえば風俗業の中でも特異な形の風俗で、通常のお店で商いをするのではなく、他の施設を利用して行うもので、女性にとっても働きやすい職場(?)になっているのです。

かと言って、他の施設で祖事をするからと言って給与や待遇面で安くなるわけではありません。通常の風俗と同様に高収入を得られる職場として人気も有るのですし、今ではほとによってはソープなどと同じ程度の稼ぎが高いとも言われているのです。従って、デリヘルの女性の求人に関しても色んなタイプの女性に人気があって、応募もそれなりに多く集まるようです。

デリヘル求人の条件としてお店に依ってはいろんな特徴を出していますが、私のようなチョットポッチャリの女性でもそのお店の特徴を生かして仕事をすることも出来るし、例えばクラブやキャバのようにそれほど容姿などは重用視されていないとも言えるでしょう。

特に、私のバイトの対象としてクラブやキャバクラなども一応は考えたのですが、個人的には人との話しをしたり対人関係は余り得意ではなく、経費も掛かりそうだし、何より容姿には余り自身がなかったことです。

その容姿を言えば、デリヘルの求人の中でも、其の特徴と言うのはお店によって様々で、所謂、ポッチャリ系専門店やソコソコ年齢が高い層の女性、即ち、熟女や人妻といった専門店等もあるのです。 別に、身体の欠点と思われる体型が太いからといって、デリヘル風俗を諦める女性やもう若くないからと働くことをあきらめるような人でも、大丈夫なのです。

風俗のデリヘルは楽しくプレイしながら高給を稼ぐ

其れに、私自身が此の風俗で気に入っているデリヘルという特徴というのは、外で(他の施設で)男と女が仲良くして、まるで恋人のような感じで男の欲求を満たしながら仕事ができるということです。こんな関係がデルヘルは今や風俗業としては大変にモテていると云われ、大受けしている一つの要因かもしれません。

というのは兎に角、此の業界では若い人からチョットお年寄りの方まで色んなタイプの女性がお仕事をなさっていることですし、何れの方もそれなりに高給を稼いでいるとうことです。

さて、此の風俗デリヘルで受けられるサービスというのはどのようなものかというと、ソープなどと比べるとってもソフトなサービスとも云われます。従って、男性客にとってはとっても人気があるとされている風俗でもあり、お相手する私達女性のほうも仕事がしやすく、若い女性のアルバイトなども大勢おりまして大モテといわれます。其の中でも特にスタンダードなサービスが売りがデリヘルといわれます。

ちなみに、遊んだことのある人は周知でしょうが、基本的には男女が仲良く触れ合って
最後には男特有の性的処理をする所です。

ただ、お店に依っても違いますし、又、オプションという制度もあり、サービスのやプレイの内容は其れに依ってより深くハードに希望することも可能なようです。その時は又、お給料も高くはなりますが、私自身にして守れば、やはり個人的にはスタンダードを出来るだけ心がけていますね。

又、デリヘルの場合は時間が許す限りチョットした会話を楽しむのもいいでしょうし、それは私達仕事(プレイやサービス)をする人も、気持ちによっては感度の度合いが違うからです。

話の内容は極めて常識的で日常的なことならなんでもよく、自分が好きな話や特に女性が喜ぶような話をしならですと女性も喜ぶし、ヒョットするとサービスの中身もも良くなるかもしれません。

デリヘルで遊ぶ時は、楽しく、面白く、いい感じでサービスをしてやったり受けることが一番いいですね。

アラサーOLが風俗の副業を始めたら思ったより稼げるようになった

私は正社員として働くOLです。が、最近は残業も基本給自体も少なく、副業をしないと生計が立てられない状況でした。

でも会社は副業禁止だし、それほど副業に時間が割けるわけでないし、お金になりそうな資格やスキルを持っているわけでなく、効率よく稼げるものを探していました。そう考えると風俗という選択肢しか残りませんでした。風俗の仕事内容には、それほど抵抗はなく、むしろ風俗業界に対する好奇心の方が強かったです。

私の容姿は中くらいで、年齢も30代超えていたので、若い女の子が在籍しているお店には抵抗があったので、人妻・熟女向けの風俗店を目指すことにしました。

そして、いろんな場所で働いてみたい興味があったため、デリヘルを選ぶことにしました。講習は、風俗ではじめて働くときに1回受けました。面接の時に出勤日数を相談すると数十万は稼げることを保証してくださいました。

お仕事は平日の夜でも行うことができ、私は都市部に住んでいるため自宅待機にさせてもらいました。

お昼の仕事が終わり自宅で準備して、仮眠を取ったりテレビを観ていると、お店から電話が入り、ドライバーが迎えに来る流れです。仕事は都市部に集中するので、移動時間はそれほどなく、稼ぐ効率としては十分でした。それにドライバーは優しかったし、仕事のストレスはほとんどなかったです。

移動時間や待機で社内に長くいることになったときは、ドライバーさんのはからいで仮眠が取れたので、お昼の仕事と十分両立できました。客層は出張してきたサラリーマンか、収入が多い紳士が多く、派遣先はキレイなホテルか自宅でした。

水商売と違ってお酒で身体を壊すようなことがなく、女の子同士の摩擦や競争がなく稼げるのも、この仕事の良い点でした。

給料は日払いでくれます。備品代はさほどかからず、税金は1割の支払いで済んだため、週3日出勤すれば、お昼の仕事以上に稼げる状況でした。

風俗やってどれくらい稼げた?何が変わった?

私はデリヘルのお店を2つほど経験し、通算で風俗で3年ほど働きました。

週に3日程度かつ短時間の勤務でしたが、そのくらいの勤務時間で、1日に2万以上の収入になりました。その結果、月収で手取り40万稼ぐことができました。3年に換算すると、1500万近く稼げたことになります。短時間の勤務でも十分に収入が稼げて、風俗は稼ぎの効率が良いと改めて時間しました。馴染みの指名客が増えると、そのお客様からのプレゼントをもらえたりします。が、できるだけ私はそれを受け取らず、お店に来てもらえるようにお願いしてました。

急な大金の出費が発生した時に、風俗の仕事はとてもありがたいものでした。それでも十分に貯金や自己投資ができて、今でもお金に困らない暮らしがおかげさまでできています。
風俗では稼ぎだけでなく、いろいろな教訓や気づきをくれました。

まずは、風俗に来るお客さんは単純に性的なサービスだけを求めてやってくる人ばかり来るわけでないことです。癒やしであったりときめきを求める男性が想像以上に多く、人をもてなしてやさしく包み込むような接客ができるようになると、お客さんからの指名が増えました。人妻が多く在籍するお店なので、なおさらその感じが強かったんだろうかと思います。

がんばった分収入などの成果に反映されるのも、この仕事のいいところかと思えます。指名を取れば数千円の収入増になります。

私の場合は土日や年末年始のような時期の方が働きやすかったので、それらの日には長時間勤務していました。そのときは出勤している女の子が少ないことがあり、競争率が低く、最低でも5万円ほどは持ち帰れていました。

店長やお店のスタッフにも、仕事に関するサポートだけでなく、励ましをもらったり、プライベートなことの相談に乗ってもらえました。無理に仕事を強要することもなく、お店の女の子を大事に扱ってくれて、やめる時は名残惜しいくらいでした。